お気に入り登録数 5件
FavoriteLoadingお気に入りに追加
通信販売によるパンの廃棄ロス削減お取り寄せサービスを行うrebake(リベイク:https://rebake.me/)の利用者アンケート調査の結果、多くのパン好きの方はパンの取り寄せを利用した経験があり、また保存方法として冷凍を選択していることがわかりました。

パンの通信販売サイトのrebakeは、2019年5月にユーザーアンケートを行った結果、rebakeユーザーの97%が家で食べきれなかったパンを冷凍保存していることがわかりました。

 

■ アンケート概要
2019年5月にrebakeでパンのお取り寄せをしていただいている方々へ向け、web上でのアンケートを行いました。
その結果、全体の9割と多くのパン好きの方はパンのお取り寄せをしたことがあることがわかりました。
パンの冷凍に関する質問では、食べきれなかったパンを冷凍している方は全体の96%に及び、パンを日常的に購入するrebakeユーザーの方のほとんどが家庭でパンを冷凍して保存していることがわかりました。一方、冷凍保存しない方からは、”冷凍を思いつかなかった”,”小分けが面倒”等の意見がありました。
また、冷凍したパンの味に関しては、約6割の方が特に大きな違いを感じないと回答しています。
冷凍に関して違いを感じる方のうち、”水分が蒸発してしまう”ことによる風味の変化を感じるという方が一定数いました。一方、解凍後の温めがうまくいかず、おいしく食べられないという部分に冷凍の難しさを感じている方も多くいました。冷凍後の解凍方法について改善することで、冷凍保存したパンをよりおいしく感じられる可能性があることが示唆されました。

今回の結果から、おいしい野菜を求める方がこだわりの野菜を取り寄せるのと同様に、パンが好きな方は日常的にパンを取り寄せており、それを冷凍保存し、ある程度の期間にわたって過程で楽しんでいることがわかりました。
このことから、現在パンを取り寄せていない方も、昨今のパンイベントやパンブームの力で日常的にパンに出会う機会が増えていることを考えると、今後も取り寄せという文化が増えていくのではないかと予想されます。

 

■ アンケート結果
▽1. 「今まで、パンのお取り寄せをしたことがありますか?」

  • はい 90.1%
  • いいえ 9.9%

多くのパン好きの方が、1度以上はパンのお取り寄せの経験があることがわかりました。

▽2.「食べきれなかったパンを冷凍したことがありますか?」

  • はい 96.3%
  • いいえ 3.7%

rebakeを利用しているパンを日常的に購入するパン好きの方のほとんどは、すぐに食べきれないパンを冷凍して保存していることがわかりました。
こちらの調査(http://www.betterhome.jp/info/media/2014/09/201406_report.pdf)からも、パンを冷凍すると答えた方は、野菜を冷凍する方より多いことがわかっています。
冷凍しない方の意見としては、以下のようなものがありました。
– 冷凍するということを考えたことがなかった
– 冷凍する際に小分けにするのが面倒
パンを冷凍するということを日常的にやっていない方が一定数いるようです。

▽3.「冷凍したパンと、していないパンで違いを感じますか?」

  • あまり感じない 61%
  • 違いを感じる 39%

パンを冷凍すると、半数以上の方が冷凍での影響を大きくは感じていない一方、冷凍保存によって味の違いを感じている方もいました。

”違いを感じる”と答えた方の意見として多かったのは以下で、長期保存することにより水分が飛んでしまうという声がある一方、冷凍した後の温め方を失敗することによって、おいしく食べられなかったという声も多くありました。

  • 水分が飛び、少しパサつく気がする 32%
  • 温めがうまくいかず、結果的に美味しくならなかった 26%
  • 風味が落ちるような気がする 24%
  • 冷凍庫の匂いがつく 16%

(※ 冷凍したパンに違いを感じる方の内)

 

【調査概要】
・時期: 2019年5月24日~31日
・対象:rebakeでパンの購入をしたことがあるの内、webアンケートにお答えいただいた方。
・有効回答数:495人

引用元:PR TIMES