お気に入り登録数 1件
FavoriteLoadingお気に入りに追加

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)は、食に関するフェスティバル(以下「食フェス」)の参加経験と今後の参加意向、好きな点・嫌いな点等に関するアンケートを実施しました。その結果を発表します。

【解説】
毎週末のように、各種会場や野外で開催されるようになった「食フェス」について、前回調査(2016年7月実施)との変化を含め、参加経験と今後の参加意向を調べた。最近3年以内の参加経験では、参加経験者が前回調査15.6%から今回21.5%と、約6ポイント上昇している。「食フェス」のジャンルに関しては、前回調査に比べて「B級グルメ・ご当地グルメ」「肉料理」「ラーメン」等、参加経験率上位のジャンルが順当に参加経験者を増やし、今後の参加意向では「肉料理」が人気を伸ばしている傾向だ。ただし、「食フェス」全体への今後の参加意向は、前回調査に比べて微減(前回57.1%→今回55.8%)となっている。20代女性や50・60代男性では今後の参加意向が前回比プラスなのに対し、40~60代女性や40代男性等、他の性年代では参加意向率が前回比マイナスとなっている。女性では「混んでいる」「座って食べられない」「高い・コスパが悪い」「天候に左右される」「衛生状態が不安」等が、多くの年代で男性よりも不満点として挙がっており、参加者数を順調に伸ばしてきた半面、今後の課題も明らかになった形だ。

【要約】
POINT1. 「食フェス」最近3年以内の参加経験者は21.5%。参加率トップ3は「B級グルメ・ご当地グルメ」「肉料理」「ラーメン」

・「食フェス」への最近3年以内の参加経験者は21.5%(前回調査比で5.9ポイント増加)。20代女性・30代男女は前回調査比で9ポイント以上の増加を記録。若年層を中心に、ここ3年で「食フェス」の人気が高まってきている。
・参加率トップ3は「B級グルメ・ご当地グルメ」(39.8%)、「肉料理」(38.2%)、「ラーメン」(31.8%)。
・参加率トップ3の数値はすべて前回調査比で5ポイント以上増加。

最近3年以内の「食フェス」参加経験(全体/単一回答)




POINT2. 今後の「食フェス」への参加意向は55.8%と3年前に比べ微減 40-60代女性、40代男性等で参加意向が減退
・今後の「食フェス」への参加意向は55.8%。前回調査では57.1%であり、参加意向が1.3ポイント減退。特に、40~60代女性や40代男性等でマイナスが顕著。
・今後参加してみたい「食フェス」は、伸び幅で「肉料理」が1位。
・「食フェス」の嫌いな点は「混んでいる」がトップで77.5%。また、前回調査比では「高い、コスパが良くない」「天候に左右される」が各5ポイント以上増加で課題に。

 

詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2019/05/RecruitLifestyle_ggs_20190527.pdf

▼リクルートライフスタイルについて
https://www.recruit-lifestyle.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/support/press

引用元:PR TIME