お気に入り登録数 2件
FavoriteLoadingお気に入りに追加

一年に一度の「プロセッコDOC」日本大集結!
イタリア大使館貿易促進部は2019年7月24日(水)ザストリングス表参道 地下1階 イースト・スイート(港区北青山)
で世界で一番飲まれているスパークリングワイン、プロセッコDOCワイン24銘柄の試飲会を実施した。プロセッコの認定ワイン数は2018年に4億6400万本を記録、プロセッコDOCの75%以上は海外消費者に向けられ、特にイギリス、アメリカ、ドイツに輸出され、日本市場でも欧州日本自由経済連携協定が2019年2月1日発効したことにより大きな期待が高まっている。そのような背景の中、会場での試飲はウォークアラウンドスタイルで多くのワイン流通関係者、フードサービス関係者、ジャーナリストが参加しプロセッコの試飲は勿論、活発な情報交換がされた。
プロセッコの流通の増加に伴いプロセッコに合う様々な料理の開発なども各店に期待できるしレストランでさらにプロセッコを楽しむ人たちが増えそうだ。参加各社は以下の通り。

アントニオ・ファッキン社、ビアンガヴィーニャ社、ボスコ・デル・メルロ社、ボッテガ社
、カンティーナ・ピッツォラート社、カゼーレ社、カステッロ・ディ・ロンカーデ社、デ・ステファニ社、フィド-ラ社、ラ・ジョイヨーザ社、ラ・メルカ社、レ・コンナッセ社、レ・ルーゲ社、マソッティーナ社、ピエーラ・メルテッロッツォ社、リッカルド社、セレナ・ワインズ1881社、セッサンタカンピールイジーナ・ザーゴ社、テヌータ・サンタンナ社、テヌータ・サントメ社、トッレセッラ社、ヴァルド社、ヴィッラ・サンディ社、ヴィティコルトーリ・ポンテ社、(順不同)